弁護士法人えいらく法律事務所 本文へジャンプ

コラム

遺言について(その3)(弁護士 松浦 里美)
  次に,遺言の3つの側面のうちの2つめ,「自分が死んだあとに新たな権利義務を作る」という側面についてお話します。
 「新たな権利義務」というのは,「○町○番地の土地を妻に相続させる」などの財産の処分に関するものだけではなく,子どもの認知,未成年者の後見人の指定などの身分関係に関するものも挙げられます。その他,生命保険金の受取人の変更もできますが,これについては遺言に書くよりも保険会社に連絡し,受取人変更手続を取ることをおすすめします。
 また,遺言を残すことによって,法定相続人以外の人にも財産を残すことが可能になります。永年自分の世話をしてくれた内縁の奥さんや長男のお嫁さんなどに財産を残したいと考える場合には,ぜひとも遺言を作成してください。
※認知とは・・・  嫡出でない子が,その血縁上の父親に対し,親子関係を認めてもらうことをいいます。
 認知することによって,法律上の親子関係が生じ,認知を受けた子が相続人になることができます。認知は生前に行うことも可能であり,その場合には,認知をした父親には,認知を受けた子を扶養する義務が発生します。
※法定相続人とは・・・  法律(民法)が定めたルールに従って相続を受ける人のことです。
 どのような人が法定相続人になるかについては,家族の構成によって変わります。@子どもがいる場合には,子どもと配偶者が相続人となります。A子どもがいない場合には,配偶者と両親が相続人となります。B子どもがおらず両親もともに他界している場合には,配偶者と兄弟姉妹が相続人となります。配偶者は常に相続人となるのがポイントです。

   Copyright(c) 2012 eiraku.lawyers-office All Rights Reserved.