弁護士法人えいらく法律事務所 本文へジャンプ

コラム

日弁連副会長の不思議生活(その1)(弁護士 松田 幸子)
 4月から日弁連副会長になりほとんど東京で仕事をしています。
 毎週九州内の全弁護士に宛てて日常活動の内容などをお知らせするレターをだしています。大変ですが楽しいです。フェイスブックも始めてみました(利用方法が分からず時折失敗もしてますが)。これまでと全く違った世界に足を踏み入れた感じで,とまどいつつも新鮮な気持ちです。
 副会長就任に際しては,様々な方々からお祝いや励ましのメッセージをいただきました。この場を借りてお礼を申し上げます。自称「宮崎親善大使」としても宮崎宣伝をしたいと思っています。マンゴー,日向夏,地鶏,宮崎牛,飫肥杉クラフトなどさっそく宣伝中です。

 日弁連副会長は13人います。日弁連の活動がたくさんあるため,この人数でも1人が10個以上の担当職務を抱えます。対内的な意見のとりまとめ,対外的な要請行動,イベント時の挨拶,各種お付き合い,外国法曹組織との交流など種々の職務があります。国際担当の副会長は海外出張も結構あります。実は私がその担当の1人です。パリ1日出張という弾丸ツアーも予定されていますが,行きたいような行きたくないような。過去には過労死した人もいるという激務です。(死なないように頑張ります。1年後通常業務に戻ったときには1,2か月のリハビリ期間が必要だとのことです。事務所の皆様どうぞよろしく!!)

 「いきなりジェットコースターに乗せられた気分」という人がおり,私は「ウサギの穴に落っこちた不思議の国のアリスの気分」と言っております。でも何か楽しい気分です。日々新しい発見があり勉強の毎日ですが,人間「やること」があって,「人の役に立っている気分になる」(本当に役立っているかは???)というのは幸せなことです。ところで宴会も多いため通常は皆様相当「成長」して帰るようです。私は極力そうならないように毎日ダイエット中です。1日1食で夕食しか食べません。お酒を飲み,美味しいものを食べ,デザートまで食べる生活です。普通これは「相撲取りの食事」で太ると言われますが,もっともストレスのない方法です。誰にでも推奨できる方法ではありませんが,少なくともお酒のみで食いしん坊の私には合っています。
 映画を見る時間も作っています。「船を編む」はなかなかいい映画でした。最近ではハリウッド映画より心温まる邦画に惹かれます。
 1年間送り出していただいた事務所の皆様,宮崎県弁護士会の皆様,九州弁護士会連合会の皆様に感謝感謝です。m(__)m
 (次回からは司法の様々な課題についてご報告したいと思います。)

   Copyright(c) 2012 eiraku.lawyers-office All Rights Reserved.