弁護士法人えいらく法律事務所 本文へジャンプ

コラム

法律相談の予約方法について(弁護士 小久保 光)
 今回は,当事務所での法律相談の予約受付方法についてです。

 当事務所では,ご相談をお受けする際には,原則として,予めお電話で予約をとっていただくようにしています。突然事務所にいらっしゃっても,弁護士の日程の都合がつかず,お帰りいただかなくてはならなくなってしまう場合が多々あるからです。

1 さて,当事務所では,事務所にかかってきた電話にはまず事務員さんが対応します。
 そして,お電話の内容が「法律相談をしたい」というものだった場合,まず,@ご相談者さんのお名前と,A紛争の相手方のお名前をお聞きしています。
 これらをお聞きしているのは,もし,紛争の相手方から,当事務所に所属している弁護士の誰かが既に依頼や法律相談を受けていた場合,ご相談者さんの法律相談をお受けできない場合があるからです。依頼者情報はパソコンで管理してあるので,その場で急いで検索してもらっています。

2 問題がなければ,次に,B簡単なご相談の内容をお聞きしています。
 ご相談の内容を予めお聞きしておくことには,いろいろと理由はあるのですが,私は,弁護士の側で相談のためにある程度の準備をしておくことを重視しています。
 事務所にはいろいろな種類の相談が寄せられますので,それら全てについてその場でお答えできるとは限りません。それでも,なるべく実のある相談ができるように,予め関係する文献を参照するなどして予習をしておくように心がけています。

3 最後に,ご希望の日程をお聞きして,弁護士の日程と合わせて,ご相談日時を決定致します。

4 あとは,ご予約の日時に,事務所にお越しいただくことになります。

 たまに,予約時間ぴったりになるまで,駐車場に停めた車の中で待機していらっしゃる方をお見かけすることがありますが,中でお茶をお出ししますので,もし居づらくなければ,早めにお入りいただいて結構です。

   Copyright(c) 2012 eiraku.lawyers-office All Rights Reserved.